ヴォコーダー

“ヴォコーダー、あるいはボコーダーとは「ヴォイス」(voice)と「コーダー」(coder)を合わせた言葉で、電子楽器や
エフェクターの一種。シンセサイザーの一種に分類されることもある。
本来の意味は通信用の音声圧縮技術で、携帯電話などの多くの機器で使用されている。
音声の波形を直接送るのではなくパラメータ化して送り、受信側ではそれらのパラメータから元の音声を合成する。
音楽用のヴォコーダーはこの技術を応用したものである。言葉や効果音を楽器音として使うことができる。
一般的には、言葉をマイクによって入力し、ストリングスなどの楽器音に置き換えて合成するため、その言葉を聞き取ることができ、「独特な機械的な声」や「楽器音として和音で喋っている声」のように使われることが多かった。
なお、歌などの音程修正や多重コーラスとしての機能は、PCMによるハーモナイザー・ピッチシフター等の登場を待たねばならなかったが、ごく稀に(音色が大きく変化することを承知で)ヴォコーダーで代用する場合があった。”