Jeff Mills(ジェフ・ミルズ)

“ジェフ・ミルズ(Jeff Mills)は、アメリカのテクノミュージシャン、DJ。ミシガン州デトロイト出身。
デトロイト・テクノ初期のアーティストの一人。80年代前半、The Wizard名義にてDJのキャリアをスタート。デトロイトのFM局WJLBやクラブではヒップホップやディスコ、ニュー・ウェイヴ等の曲をミックスした。80年代後半は、インダストリアルバンド Final Cutで活動した。89年にUnderground Resistance(アンダーグラウンド・レジスタンス)(略称UR)をマッド・マイクと結成するが、92年に脱退。その後、ニューヨーク、シカゴと活動の拠点を移し、Robert HoodとAxisを立ち上げる。TresorからのアルバムとAxisのリリースでミニマルテクノを確立した。日本国内でのDJ、ライブ活動で最も有名なのが、WIREへの出演である。WIRE01から04まで、4年連続して登場していた。DJプレイでは3台のターンテーブルとリズム・マシンTR-909を駆使。ミニマル・テクノのオリジネイターであり、エレクトロニック・ミュージック界における孤高の表現者である Jeff Mills。熱狂の渦と化すダンスフロアとは対照的に、細みの身体と冷静な面持ちで矢継ぎ早にレコードをカットする姿はまさに異質。聴く者を異次元へといざなうかのような神業的なDJプレイは「宇宙人」と形容されるほど。プロダクションにおいてもマッシヴなビートで突き進むハードなダンス作品から、ジャズの要素を取り入れたムーディーなリスニング指向の非ダンス作品まで、実験的な精神と宇宙への深い思想を込めた、創造性溢れるコンセプチュアルな作品を発表し続けている。わずか数十秒間で矢継ぎ早にレコードをすり替え、千手観音の如くイコライジング/ミキシングを正確無比に繰り広げる様はまさに“魔術師”そのものである。”